プロテイン

【解決済】プロテインを飲むと太るって本当?

ダイエット女子「ダイエット目的でジム行ってるんだけど、運動後にプロテインを飲むと太るの?」

本記事ではこんな悩みを解決します。

本記事の内容

プロテインを飲むと太るのか

結論からいいます。

適切なプロテインの飲み方をすれば太りません!

逆にいうと、間違った飲み方をすれば太る可能性もあります。

こんな方多いと思います。

  • 周りがプロテインを飲んでいるから自分も飲んでいる
  • プロテインの知識がないまま飲んでいる
  • よくわかんないけど、旦那や彼氏のプロテインを飲んでいる
  • 気をつけてください。飲み方次第では太ります。

    「やばい!!」と思った方は読み進めてください。

    「やばい!!」と感じなかった方でも読み進めていただくとプロテインについての知識が増えます。

    プロテインの基礎知識

    「プロテイン」とは「タンパク質」の英訳です。ちなみに、女性がきになる「コラーゲン」も「タンパク質」の一つです。

    1日に必要なタンパク質の量

  • 運動をしていない方
  • 体重1kgあたり1g

  • 運動をしている方
  • 体重1kgあたり1.5g

  • アスリート、増量したい方
  • 体重1kgあたり2g

    体重50kgの場合

    運動をしない人:1日50gのタンパク質
    運動をする人:1日75gのタンパク質

    運動をすると筋肉や血液がダメージを受け、そのダメージをタンパク質で修復させるため、より多くのタンパク質が必要となります。

    タンパク質が不足することで起こる弊害

  • カラダ作りがうまくいかない
  • 体調が悪くなる
  • 怪我をしやすい
  • 怪我の回復が遅い
  • タンパク質は必須栄養素の一つ。筋肉・臓器・皮膚・毛髪・血液など人間の身体の大部分はタンパク質で構成されています。そのためタンパク質が不足すると体に様々な弊害が起きてしまうのです。

    例)体重50kg、運動をしている方の1日に必要なタンパク質75g

  • ステーキ350g
  • 卵10個
  • 魚の赤身350g
  • 牛乳3.5リットル
  • これを毎日摂取するのはきついですよね?仮にできたとしても余計なカロリーまで摂取してしまい、無駄な脂肪が体についてしまいます。

    ではどのようにして1日に必要なタンパク質を摂取するのか?

    もうおわかりだと思いますが、プロテインパウダーです。

    プロテインパウダーを活用することで効率的に1日に必要なタンパク質を摂取できます。

    プロテインの適切な飲み方

  • 目的に合わせてプロテインを選ぶ
  • プロテイン自体のカロリーを知る
  • 適切なタイミングでプロテインを飲む
  • 目的に合わせてプロテインを選ぶ

    プロテインは大きく分け3種類あります。

  • ホエイプロテイン:筋量を増やしたい方
  • カゼインプロテイン:ダイエット
  • ソイプロテイン:ダイエット、体型維持、乳糖不耐症の方
  • 女性向けのプロテインの選び方はこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

    http://surpression.biz/wp/%e3%80%902020%e5%b9%b4%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%91%e5%a5%b3%e6%80%a7%e5%90%91%e3%81%91%e3%81%ae%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b3%e6%96%b9%e3%81%ae/

    まずは目的にあったプロテインを選びましょう。

    ちなみに私は、運動後はホエイプロテイン、朝食はソイプロテインと飲むタイミングによってわけています。

    プロテイン自体のカロリーを知る

    当然プロテインにもカロリーがあります。水でわった場合1食分あたり70〜79kcalが一般的です。

    牛乳でわる場合、これに加え牛乳分のカロリーが追加します。牛乳1杯(200ml)134kcalです。つまり全体で210kcalほどになります。

    これを踏まえた上で1日のカロリー計算をしましょう。

    プロテインにもカロリーがあるので、食事でカロリー調整をしないとプロテイン分カロリーを余計に摂取することになります。そのため、特に女性でダイエット中の方であれば、プロテインのカロリー分を食事で調整してください。

    適切なタイミングでプロテインを飲む

    ただ闇雲にプロテインを飲めばいいというわけではありません。目的にあったタイミングでプロテインを飲みましょう。

    例)プロテインを飲むタイミング

  • 筋量を増やしたい方:トレーニング後30分、就寝前
  • ダイエット目的の方:食事と一緒に
  • 健康維持目的の方:朝食
  • 運動をしていない日:就寝前
  • まとめ

    プロテインは正しい飲み方をすれば太りません。

    ただ闇雲にプロテインを飲むのではなく、プロテインの最低限の知識を知った上で適切な飲み方をしましょう。

    プロテインを飲む際のポイント

  • 目的に合ったプロテインを選ぶ
  • プロテインのカロリーを知っておく
  • 目的に合ったタイミングでプロテインを飲む
  • プロテインを飲む際は最低限のプロテイン知識をつけてから飲みましょう。

    -プロテイン
    -

    Copyright© 悠々自適ライフ , 2020 All Rights Reserved.