ヨガ

【2020年度版】バリ島ヨガ留学について徹底解説【RYT200】

バリ島ヨガ留学について 徹底解説

 

最近注目を浴びているバリ島ヨガ留学。今回はバリ島でのヨガ留学について解説していきます。

ぽん
バリに留学経験&長期滞在経験がある私にバリのことは任せてね!

【バリ島ヨガ留学】おすすめ超厳選スクール3選【徹底解説】

 

 

バリ島ってどんなところ

バリ島ってどんなところ

バリ島をご存知ですか?バリ島はインドネシアのにある島の一つです。

名前を聞いたことのある方は多いと思います。

リゾートリゾートとして有名なバリ島ですが、数千を超えるヒンドゥー寺院があり、「神々の棲む島」と呼ばれています。

またバリ島はヨガ人気が高く、東南アジア一のヨガスポットと呼ばれています。

 

バリ島の気候

バリ島には「乾季」と「雨季」の2つの季節があり、平均気温は約28度です。

  • 乾季:4月〜10月
  • 雨季:11月〜3月

乾季は終日雨が降ることはほとんどありません。雨季よりも気温が高く30度を超えることもありますが、湿度が低くカラッとしているため、日本の夏よりも過ごしやすいです。

雨季は1日に何度かスコールが降ります。1日中雨が降っていることもありますが、ほとんどの場合、スコールが降った後は晴れます。

 

バリ島の日本からの距離・時差

東京からバリ島までは直行便で7時間40分ほどです。成田空港と関西国際空港からは毎日直行便が出ています。

時差は1時間しかありません。

ぽん
時差ボケの心配はないよ!

 

バリ島観光

バリ島は「ビーチリゾート」として有名なバリですが、ビーチ以外にも見どころはたくさん。

ヒンドゥー教の寺院や大自然、伝統的な文化や芸術、アートなどたくさん楽しめるポイントはあります。

またショッピングモールややマッサージ店などもたくさんあり、アジアからだけでなく欧米や欧州からもたくさんの観光客が来ています。

 

バリ島の生活

バリ島は実際に住んでみた感じでは住みやすい国でした。今回は私の実体験を基に以下の観点で紹介します。

  • 言葉
  • お金
  • 料理
  • 電圧・コンセント

 

言葉

バリの人々は基本バリ語orインドネシア語で喋ります。観光客相手には英語で話してくれます。中には日本語ができる人もいます。

観光客が多いので観光地で働く人は英語ができますが、一歩観光地でないところに行くと一気に英語が伝わらなくなることがあります。

ヨガ留学の場合、日本語スタッフや通訳がいるので英語が話せなくても心配ありません。

 

お金

インドネシアの通貨はルピア(Rp)です。
ルピアの面倒な点は桁数が多いこと。

簡単な覚え方としてはルピアの「0」を2つとったらだいたいの日本円になります。(為替によって変動します)

  • 10,000ルピア→約100円
  • 100,000ルピア→約1,000円
  • 550,000ルピア→約5,500円

また、ルピアの値段表記でよく目にするのが「k」です。
この「k」は1,000以下切り捨てという意味で、k=「0」3つ分です。

  • 10,000ルピア→10k
  • 100,000ルピア→100k
  • 550,000ルピア→550k

 

料理

インドネシアの有名料理と言えば、「ナシ・ゴレン」や「ミー・ゴレン」

ナシ・ゴレンは「ナシ=米」「ゴレン=揚げる」で、日本でいう焼き飯です。
ミー・ゴレンは「ミー=麺」で、日本でいう焼きそばです。

どちらも日本人の口によくあう味つけです。

ぽん
全体的にスパイスのきいた料理が多いけど、日本人の口に合うよ!

 

電圧・コンセント

インドネシアの電圧は220Vで、コンセントはタイプC(丸ピン2本足)です。

ぽん
日本の電圧は110V、コンセントはタイプAだよ!

 

スマホやパソコンの充電器は220Vに対応しているものが多いため変圧器なしで大丈夫です。(とはいえ、事前に確認してください)

しかし、ドライヤーや髭剃りは220Vに対応してないものがほとんどなので日本で使っているものを持って行く場合変圧器が必要となります。

コンセントのタイプは日本と別物なので変換プラグが必要です。

 

 

バリ島で取得できるヨガ資格

バリ島で取得できるヨガ資格

バリ島では、世界で最も有名なヨガの団体が発行する国際資格「全米ヨガアライアンス」を取得できます。

ぽん
世界共通の資格だよ!

全米ヨガアライアンスの中にはいくつか資格の種類がありますが、バリ島ヨガ留学では「RYT200」と「RYT500」の資格を取得できる学校が多いです。

「RYT200」は最も取得者の多い資格です。まずは「RYT200」を目指してましょう。

ちなみに、200と500の数字は資格取得までのプログラム受講時間を表しています。

【今一番注目されているヨガ資格】全米ヨガアライアンスRYT200とは?【徹底解説】

 

【国内・海外】ヨガ資格の学び方や費用・期間の違い

比較

国内、海外で「RYT200」を取得する場合の比較をみてみましょう。

国内 海外
費用 40〜60万 30万〜35万
期間 約3ヶ月(目安) 10〜16日間
形式 通学 合宿

バリ島ヨガ留学の場合、日本で通学するよりも費用や時間がかからないため、急いでヨガ資格を欲しい方やまとまった時間が取れる方は、非日常を味わいながらヨガ資格を取得するのもありだと思います。

【2020年最新版】YCMバリについて徹底解説【口コミ】【バリ島ヨガ留学】

 

【まとめ】日常からかけ離れた空間でヨガを楽しもう

まとめ

「海外でヨガ資格を取るなんてレベルが高すぎる…!!」と思うかもしれませんが、行ってみると案外そうでもないことが多いです。

実際にバリ島留学&バリ島滞在をしてみて、バリ島は日本人にとっては住みやすい場所だと思います。

ぽん
必ず最高の経験になるよ! by経験者

非日常を味わいながらヨガの聖地でヨガを楽しみたいという方はぜひバリ島ヨガ留学に挑戦してみてください。

【バリ島ヨガ留学】おすすめ超厳選スクール3選【徹底解説】

-ヨガ
-,

Copyright© 悠々自適ライフ , 2020 All Rights Reserved.