フィットネス

【超厳選】筋トレ初心者におすすめ筋トレグッズ5選【これだけは揃えておきたい!】

【厳選】 おすすめ筋トレグッズ5選 【これだけは揃えておきたい!】

 

はむちゃん
コロナでジムに行けないよ…家で筋トレってどうやったらいいの??
ぽん
コロナによるジム閉鎖で悩んでいる人は多いよね。今日は自宅トレーニングに便利な筋トレグッズを紹介するよ!

 

 

筋トレグッズの選び方

選び方

今回は週6で筋トレをする私がおすすめの筋トレグッズを紹介します。筋トレ初心者や宅トレ初心者向けに、「これだけは揃えておきたい!」というグッズを中心に紹介します。

 

筋トレグッズを選ぶ際のポイント3つ

  • 値段
  • 収納性
  • どの部位を鍛えたいのか

初心者はまずこの3点を中心に筋トレグッズを選ぶと間違いないです。

 

値段

筋トレグッズといっても千円以下のものから数万円するものまで様々です。
最初は安い筋トレグッズから始めようという方も多いですが、安い筋トレグッズは故障率が高いです。
しかし、高い筋トレグッズは故障率は低いですが、なかなか手を出しにくいですよね。

今回は筋トレ初心者向けに買い求めやすい価格かつ、評価もいい、バランスの取れたものをご紹介します。

 

収納性

大豪邸であれば大きな筋トレマシンや筋トレグッズを購入しても邪魔にならないかもしれません。しかし、一人暮らしや一般的な家に大きすぎるマシンや筋トレグッズがあるとただ邪魔なだけです。

筋トレは継続して行うものなので、使いやすく、かつ、コンパクトに収納できる器具を選ぶのもポイントです。

 

どの部位を鍛えたいのか

筋トレはただ闇雲にやっても意味がありません。
筋トレを始める前にどの部位を鍛えたいのかを明確にし、部位ごとに鍛えていくのがポイントです。

部位別おすすめ筋トレグッズ

  • お尻:トレーニングチューブ
  • 腹筋:腹筋ローラー
  • 背中:トレーニングチューブ
  • 腕周り:ダンベル
  • 胸周り:プッシュアップバー
  • 肩周り:トレーニングチューブ

あくまで一例です。トレーニング方法によっては違う部位を鍛えることも可能です。

鍛えたい部位に合わせた筋トレグッズを選びましょう。

 

おすすめ筋トレグッズ:トレーニングマット

トレーニングマット
トレーニングマットは自宅での筋トレでは必須アイテムです。

ヨガマットでの代用もできます。私はいつもヨガマットを使用しています。ヨガマットの厚さは様々なものがありますが、8mm以上のものがおすすめです。

トレーニングマットやヨガマットはクッション性が高く、トレーニング中体を守ってくれ、怪我の防止に繋がります。また、下の階への振動を軽減してくれる効果もあるので、自宅トレーニングでは必ず揃えたいアイテムです。

私はこちらの8mmのクォーツパープル色のヨガマットを使用してます。
価格もお手頃で、色の展開が可愛いく、クッション性も高いのでおすすめです。
※アマゾン限定ブランドとなっています。


【Amazon限定ブランド】プリマソーレ(primasole) ヨガマット 収納ケース付き フィットネス ピラティス PSS91NH007

 

おすすめ筋トレグッズ:ダンベル

ダンベル
ダンベルは腕を鍛えるというイメージが強いかもしれませんが、使い方次第で、肩や胸、腹筋等も鍛えることが可能な便利な筋トレグッズです。

ダンベルには重さが決まっている「固定式」と重さを調整できる「可変式」の2種類があります。

固定式ダンベル

固定式ダンベルおすすめの方

  • 女性やシニア世代
  • 同じトレーニングを継続する方

 

メリット デメリット
  • すぐトレーニングが始めれる
  • 比較的コンパクト
  • 可変式よりもお手頃
  • 体がダンベルの重さに慣れてしまうとそれ以上の負荷が得られない

 

 

可変式ダンベル

可変式ダンベルがおすすめの方

  • 部位別トレーニングをしたい方
  • 本格的な体づくりを目指す方
  • 長期的に本格的な筋トレを継続したい方

 

メリット デメリット
  • 鍛えたい部位に合わせて負荷を調整できる
  • 負荷に慣れても重りの組みあわせを変えるだけでいい
  • 重りの着脱に時間がかかる
  • ある程度の収納スペースが必要
  • 固定式ダンベルよりも値段が高い

 

長期的に筋トレを継続していくのであれば可変式ダンベルがおすすめです。

 



 

 

おすすめ筋トレグッズ:腹筋ローラー

腹筋ローラー
腹筋ローラーはとにかく腹筋に効きます。腹筋を鍛えたい、くびれを作りたい、腹筋をバキバキにしたいという方は持っていて損はないと思います。

腹筋が日本一の筋トレYouTuberのサイヤマングレートさんの腹筋は腹筋ローラーでできています。
サイヤマングレート

腹筋ローラーで8パックって可能なんです。

 

 

おすすめ筋トレグッズ:トレーニングチューブ

チューブ

トレーニングチューブのメリットはなんといっても、収納性の高さと持ち運びやすさです。

また強度別のチューブがセットになっているので、負荷の調整がしやすく、初心者~上級者まで幅広いトレーニーが使っています。

トレーニングチューブにはチューブタイプやバンドタイプがあります。自分のやりたい種目、鍛えたい部位にあったモデルを選びましょう。

私はトレーニングチューブでお尻を主に鍛えているのでバンドタイプを使用しています。

こちらは私が普段使用しているものです。色が可愛い&耐久性が抜群です。

 

 

おすすめ筋トレグッズ:プッシュアップバー

プッシュアップバー

胸周りを鍛えるのであればプッシュアップバーがおすすめです。

プッシュアップバーがなくても腕立て伏せはできますが、プッシュアップバーを使用することでより効果を高めることができます。

また、手首の負担を軽減してくれたり、上体をより深くまで下げることが可能になるので高負荷トレーニングが可能になります。

男性の方であれば、分厚い胸板に憧れると思います。

ぽん
分厚い胸板にシックスパック…筋トレ女子からしたら最高の彼氏です。

 

プッシュアップバーを使用したトレーニングでは、分厚い胸板をを作る「大胸筋」を強化することができます。

また、大胸筋だけでなく、背筋や上腕三頭筋、腹筋も鍛えることが可能ですので女性にもおすすめです。

こちらのプッシュアップバーは吸盤付きで本体が動かず安定するのでおすすめです。

 

 

【おまけ】筋トレ手助けグッズ

おまけ

ここまで5つの筋トレグッズを紹介しました。全部揃える必要はありません。

トレーニングマットだけ揃え、自宅で自重トレーニング(自分の体重を負荷として利用する筋トレ)を行ってもいいですし、トレーニングマット+鍛えたい部位の筋トレグッズ1アイテムを揃えるのもありです。

1つのアイテムで様々な部位を鍛えたいという方であれば、トレーニングチューブやダンベルがおすすめです!

最後に筋トレグッズではありませんが、筋トレの手助けになるグッズを2つ紹介します。

なくても大丈夫ですがあると便利なので、予算に余裕のある方や本格的に筋トレに取り組みたい方、自宅筋トレに慣れてきて何か新しいものを取り入れてみたい方におすすめです。

プロテイン

ご存知の方も多いと思いますが、筋トレ後に飲むアレです。

筋トレで傷ついた筋肉はタンパク質を使用し修復、成長します。
この筋肉が成長する段階で、プロテイン(タンパク質)を摂取することで効果的に筋肉を成長させることができます。

プロテインにはたくさん種類や味がありますが、筋トレをする方であれば、ホエイプロテインを飲みましょう。

おすすめは「マイプロテイン」or「エクスプロージョン」です。

フォームローラー

筋膜ローラーとも呼ばれ、トレーニング後の筋肉のケアに使用する道具です。
全身の筋肉を繋げている筋膜をほぐしてくれます。

筋膜がほぐれることで、リンパの流れを改善したり、筋肉の可動範囲を広げるのにも効果的です。また姿勢改善や疲労回復、マッサージ効果も期待できます。

トレーニング後に使用することで、めちゃくちゃ気持ちいいです。トレーニングで痛んでいる筋肉をじゅわ〜とほぐしてくれる感じです。

 

 

【まとめ】筋トレ初心者におすすめ筋トレグッズ

宅トレ初心者向けに、揃えておきたい筋トレグッズを紹介しました。始めから全部揃える必要はないです。

自分の鍛えたい部位に合った筋トレグッズから揃えてください。
また筋トレグッズがなくても、自重トレーニングだけでも十分に鍛えることは可能です。

筋トレグッズを使用したトレーニングでも自重トレーニングの場合でも、トレーニングマットは合った方がいいので、まずはトレーニングマットから揃えるのをおすすめします。

※アマゾン限定ブランドとなっています。

【Amazon限定ブランド】プリマソーレ(primasole) ヨガマット 収納ケース付き フィットネス ピラティス PSS91NH007

-フィットネス
-,

Copyright© 悠々自適ライフ , 2020 All Rights Reserved.